夜明けの舞

  • 放送日: 2019年2月9日
  • 作: 原田裕文? 
  • 音楽: ― 
  • 出演者: 小柳友? 徳永えり? 矢山治? 盒均杰? 坂口浩平? 誉田健次?
  • 制作統括 安野正樹?
  • 演出: 小林直毅?
  • 技術: 間世田竜臣? 
  • 音響効果: 武生壮史?
  • 制作局: 宮崎局
  • 公式サイト: 夜明けの舞(NHKオーディオドラマホームページ)
    (あらすじは公式サイトでご覧ください)

評価

5段階で評価して投票ボタンを押してください。ぜひ下の欄に感想も書いてください。

選択肢 投票
★★★★★(すごく良かった) 1  
★★★★(まあまあ良かった) 0  
★★★(ふつう) 0  
★★(あまり良くなかった) 0  
★(良くなかった) 0  

感想

  • 秀作ドラマ。静かに死んでいく地域社会、少子高齢化、文化と伝統の継承、熊本地震と被災者、シングルマザーの生きづらさ、貧困と孤立、そしてそれらの問題解決に役割を果たし得ない行政と政治。様々な問題を抱えた日本社会の縮図を、「地域で生きる目的」という通奏低音で物語を組み立てた原田裕文の脚本は見事だった。ドラマで描かれた、地域で生きようとする決意は、とても美しい。しかし、そのような精神論は、無力な政治への絶望の裏返しにも思える。この作品を聴くと、地方で生きることの希望がわいてくるのだが、一方で生活苦に耐え切れず村民が村を棄てる「村おさめ」の現実を見るにつけ、決意だとかのキレイゴトで地域が再生するならとっくに再生しているのではないかとの疑問は残る。 -- 2019-02-16 (土) 00:06:11


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2019-02-16 (土) 00:06:11 (150d)